消費者金融のキャッシングなら増額のチャンスあり!

キャッシング コメントは受け付けていません

キャッシングの限度額は、基本的に個人の年収に応じて決まってきます。

そのため、増額を申し込みたいというときに昨年の年収とあまり変わらない金額なら増額が通りにくいと言えます。

しかし、人によっては増額が通るケースがあります。例えば、総量規制より少ない限度額で設定されていた場合、契約期間が長くかつ返済金の支払いも滞りなく行っている場合は、増額が認められる可能性があります。

キャッシングの増額は銀行よりも消費者金融の方が通りやすいです。

消費者金融の場合、限度額の設定が1万円単位なのに対し、銀行ローンだと設定が10万円単位なので年収の大幅な増額が見込めないことです。

銀行ローンの場合、長期返済が信用情報のメリットに繋がり面があるため、長く返済をしたからといってもなかなか増額の話は通らないでしょう。

一方、消費者金融の場合は親身な相談に乗ってくれる会社が多く、個人の契約に関しての融通が利きやすい面があります。アルバイトやパートで働いていた場合でも、勤務日数や残業時間によっては年収が増加するので、総量規制の限度額が契約時よりも上がり増額のチャンスに結びつきます。

キャッシングの増額を考えるなら、銀行ローンよりも消費者金融ローンが絶対お勧めです。

作成者

ページトップへ戻る