銀行ローンはカードローンとどこが違うのか

カードローンについて コメントは受け付けていません

銀行ローンには、住宅ローンを始めとする有担保ローンと証書貸付と呼ばれる無担保ローンの2種類があります。消費者金融や銀行カードローンとは、銀行ローンは区別されていますが、名前が似ているので違いが分からないという人もいるでしょう。銀行ローンの特徴として、追加借入が出来ない点が挙げられます。カードローンでは、利用限度額の範囲内で契約者がいつでも必要な金額だけ繰り返し借入が可能です。しかし、銀行ローンでは証書貸付という形式を取るので、審査を行った金額を一括貸付して、毎月一定額の返済のみ受付を行なう方式が採用されています。

追加借入が必要となった時には、改めて銀行ローンを別口で申込む必要があるので、後から契約内容を変更できない特徴があるわけです。また、カードローンでは手数料無しでいつでも随時返済の受付が可能ですが、銀行ローンでは繰り上げ返済を行なうためには、繰り上げ返済手数料が別途必要となるので、ある程度まとまった金額を繰り上げ返済しなければ割に合わないことになりかねません。銀行ローンは使用目的がハッキリしているので、低金利な貸付を行なっても、浪費される心配が少なく、返済が着実に行われる傾向にあります。

作成者

ページトップへ戻る