変動金利と固定金利ならどちらが良い?

キャッシング コメントは受け付けていません

銀行のカードローンやフリーローンの場合、消費者金融のキャッシングローンに比べ低金利が一般的です。ですが、銀行により変動金利または固定金利のどちらか一方を採用しているケースがあり、実際にどちらが良いのか迷うことがあります。変動金利の場合、金融情勢により金利が変動するため、昨今にように金利が下がる傾向においては有利に思えます。一方、固定金利の場合、契約時の金利が適用されるため、将来的に利息が下がる要素はありません。特に固定金利は、銀行だけでなく消費者金融も採用しているため、割高感を感じてしまいます。

では、実際にどちらが良いかと言うと、返済管理を行う上では固定金利の方が管理面でのメリットがあります。つまり、金利の変動により返済額が変化しないため、銀行口座から引落不能になるリスクが低減出来ます。変動金利の場合、金利が低下する場合は問題ないものの、上昇した場合は毎月に返済額がアップしてしまい、気付かない状態では返済遅延に至る可能性があります。

また、固定金利が適用されるキャッシング契約でも、契約当初により低金利で契約が出来れば、将来的に金利が変わる心配がありません。特に高額な借り入れを行う場合、変動金利に比べ、固定金利のほうが返済計画が行いやすくなります。そして、金利が高い場合、毎月の利息の高さを心配しますが、実際のところ繰り上げ返済を行うことで、利息を圧縮することのほうが効果が大きいケースもあります。

作成者

ページトップへ戻る