キャッシングし過ぎて返済地獄に陥った私の話

キャッシング コメントは受け付けていません

キャッシングを利用するきっかけとなったのは当時、会社員として勤務はしていたのですが、年上の無職の恋人を実質養っている状態で生活はかなり困窮していました。

ある日、彼から不条理な理由で4万円ほどする靴をプレゼントすることを強要され悩んだ結果、悪いことだとは思いつつも人生で初めて消費者金融系のキャッシングを利用致しました。

キャッシングを利用したことにより彼に靴をプレゼントすることができ、その場は収まったのですが、期限内に靴を用意したことを起因としてその後、要求がどんどんエスカレートし、最初は4万だった借り入れも、気づけば30万円近くに膨れ上がっていました。

そのころには彼からの要求を満たす為だけではなく、必要な生活費や私個人のちょっとした趣味にもキャッシングで得たお金を流用してしまっており、最終的には限度額いっぱいにお金を借りてしまい、毎月返済地獄となってしまいました。

現在は、別の金融会社のおまとめローンを利用し、返済額を減額して毎月返済を行っております。

キャッシングについては急なお金が必要な時にはとても便利なものですが、あくまでも借金であって無限にお金が出てくるATMというわけではありません。

便利なツールとして利用するのではなく、本当にお金に困った時に一時的に借金をする、というような心構えで利用するのが一番だと思います。

作成者

ページトップへ戻る