専業主婦の借り入れが難しくなりました!

カードローンについて コメントは受け付けていません

総量規制の対象ではないことで、場合によっては返済が不能になるほどの融資も行っていたという例の銀行カードローン問題を受けて、最近では各銀行とも消費者金融のように50万円を超える融資に対しては収入証明書類を提出させるなど、カードローンの審査をこれまでより厳格に行うようになりました。

この傾向は特にメガバンクで強く、これまでは専業主婦に対しても融資を行っていた銀行が、新規の契約は行わなくなっています。具体的には三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行は以前は専業主婦でも利用できましたが、現在では本人に収入がないと契約できなくなりました。その他の銀行にもこの傾向は広まっており、序々に専業主婦がカードローンの契約を行うのは難しくなっていくと考えてください。

これは、専業主婦でも普通に契約が行えた頃には配偶者には内緒で契約している人も多かったので、先のカードローン問題に加えて、それによるトラブルも起きていた為です。

そもそもカードローンのようなキャッシングは本人自身に収入があることが契約できる条件なので、その本来の姿に戻っているとも言うことができます。専業主婦が契約を行えるのは配偶者貸付という制度を利用しているからで、この制度が使えるかどうかはカードローンの提供側の判断です。

この配偶者貸付は何も銀行だけが使える制度ではなく、消費者金融でも使えないこともありませんが、使えるようにしている業者はまずありません。つまり、これからは銀行も消費者金融と同様に、配偶者貸付制度の提供をストップし始めたということです。

それでもまだ専業主婦が利用できるカードローンも多くあります。メガバンクは利用できなくなりましたが、地方銀行やネット銀行に目を向けると、まだまだ専業主婦に融資を行っている銀行はあります。これからカードローンの利用を考えている専業主婦の人は、まず利用できるカードローンを探すことから始めてください。これまでのようにどこかのメガバンクを利用すれば大丈夫だと簡単に考えることはできなくなったので気を付けてください。

作成者

ページトップへ戻る